トライバルタトゥーTribal Tattoo アポカリフト

タトゥーのご質問について

トライバルタトゥー「アポカリフト」に多くお問い合わせいただく質問のFAQ

FAQ

ご質問について

トライバルタトゥー「アポカリフト」に多くお問い合わせいただく質問のFAQです。
ご予約をご検討いただいているお客様はご参考にしていただけたらうれしく思います。

※予約のキャンセルは前日午後7時までに申し出てください。それ以降は1万円のキャンセル料が発生します。セキュリティとスペースを確保する意味で施術にはお一人でお越しください。

カウンセリング予約いれる際にデザインは決めてないとダメですか?

カウンセリングの予約を入れる際には、だいたいのイメージを説明できるようにしておいて下さい。
スタイル、モチーフ、場所などなのですが、専門的な言葉で表現することが出来なくても僕の方で理解に努めますので自分なりのイメージを伝えてください。

カウンセリングはどんなことを話すのですか?料金はかかりますか?

カウンセリングでは具体的にデザインを起こしていくための細かな打ち合わせをします。
18歳以上であることを証明する身分証を持参してください。その場でデザインが決定した場合は、すぐに施術のスケジュールを組んでいきます。 できましたらある程度時間をかけてデザインさせていただき、お客様とメールでやりとりしデザインを決めていきたいと思っています。

また、カウンセリングは無料でご相談にのりますが予約金として1万円をお預かりいたします。これは後日ご予約いただく施術当日に急なキャンセルが発生した場合、補償金としていただくことになります。カウンセリングのやりとりでデザインが合意に至らなかった場合はお返しいたします。施術の全行程が終了した時にご予約金はお返しいたします。

施術の料金システムはどのようになっているのですか?

施術の料金システムは時間制となっています。1時間/15,000円~20,000円の料金となります。当方の使用しているシェーダー(塗りつぶしの作業に使う針)は7本から30本まであります。

使うシェーダーの本数が30本だと、7本のお客さまより作業効率がUPすることで時間料金制で考えた場合、数の多いシェーダーを使った方が得だということになります。7本で彫られたお客様は、30本の人の4倍ほどの時間がかかり出費も4倍になってしまいます。

しかしながら、実際には大きなシェーダーで細かい作業は出来ません。タトゥーの値段が一概に面積で語ることが出来ないのは、そのような事情によるからです。それぞれの局面で使える最大のシェーダーを選択することで、なるべくご料金を抑えていくことを心がけております。

施術当日の体調管理について

施術の日程の前後は体調を整えてください。身体の免疫力が低下しているとタトゥーは回復に時間がかかり色もうまく定着しません。前日はアルコールも控えた方がいいでしょう。

当日はスキンマーカーが描けなくなるのでボディークリーム類を使用している人はよく洗い流してきてください。

※ワーファリンを服用している方は出血が止まらなくなるおそれがあるため施術は行いませんので、服用されているお客様は施術前にお申し出ください。

施術はどれくらい時間がかかりますか?

身体の上に直接にスキンマーカーで下絵を描き込んでいく場合を除けば、1回のセッションは2時間となります。

下絵を描き込んでいく作業に費やす時間は料金の対象にはなりませんが、ヘクトグラフインクによる清書からは施術時間とカウントさせていただきます。

施術後のアフターケアはどうすればよろしいでしょうか?

アフターケアに関してはパーミロールという医療用のフィルムを施術後に貼っています。これはラップとは違い通気性があるので、72時間程度貼ったままにしておくと回復がとてもスムーズに行われます。もしもこのフィルムが早めにはがれてしまった場合でも、タトゥーを清潔に保ちバセリンなどのクリームで保湿をしておけば問題はないでしょう。

大事を取るのでしたらドルマイシン軟膏などの抗生物質入りのクリームは強力に回復を促すのでおすすめします。また、施術後にアルコールを摂取すると刺青の沈着がまばらになり、せっかくのタトゥーが薄くかすれてしまいます。

トライバルは他のタトゥーとは異なり刺青の塗りつぶし部分が多いデザインです。クオリティーを高める点でも以上の事を注意し、それでも回復後に色抜けなど気になる箇所があれば相談して下さい。 状態、原因などにもよりますが基本的に無料で修正させていただきます。

あなたが、よりあなたらしく在れますように
大島 托

タトゥーについて トライバルタトゥー復興プロジェクト
タトゥー除去とカバーアップ FAQ instagram facebook Blog 日本伝統刺青「新宿 初代 彫あい」