トライバルタトゥーTribal Tattoo アポカリフト

タトゥーについて

トライバルタトゥーの歴史、デザインについて

Melanesia

メラネシア

  • メラネシア1 メラネシア2 メラネシア3
  • メラネシア4 メラネシア5 メラネシア6
  • メラネシア7 メラネシア8

メラネシアはオセアニアの南西部に位置する数千の島々からなる地域で、地図の上ではフィリピンやボルネオなどの東南アジアとポリネシアの間のエリアにあたります。この地域に最初に進出した人々はオーストラロイドであり、その形質的な特徴は、人類史上2回あったとされる「出アフリカ」のうち、中東から南アジア、東南アジアへと海岸線沿いに広がっていった最初のグループのDNAを強く残している、いわゆる黒人だということです。

この地域ではスカリフィケーション(切り傷)やブランディング(火傷)といった身体装飾がより一般的であり、ソロモン(solomon)諸島の例を除けばタトゥーはほぼ女性だけの文化となっていました。それも西欧による植民地化、教会の布教活動によって消え、現在残る写真資料はボディーペイントがかなりの割合で混在しているような状況です。同じ人種であるオーストラリアやタスマニアのアボリジニ(原住民)にタトゥーの習俗が存在していないということを考えると、これらの人々はもともとはタトゥーの文化は持っておらず、後に南太平洋全域に拡散してきたモンゴロイドと混ざり合い、それを習得したと考えるのが自然のような気がします。

ワロップ諸島では結婚前の女性はなるべく家の中で生活させるようにしていたのですが、これは日の光を避けることによって少しでもタトゥーの色と皮膚の色のトーンにギャップをつけて美しく見せるためであり、この例から逆にそうでもしないことには目立たないという皮膚の黒さがタトゥーをマイナーな存在にとどめたということも分ります。また美しく盛り上がるスカリフィケーションには大量のメラニン色素による特別な働きが不可欠であるとも言われており、彼らは彼らにベストの装飾方法をすでに持っていたというのも大きいでしょう。

なぜタトゥーをテーマとするこのコラムでメラネシアというタトゥーのマイナーエリアを取り上げたのかというと、それはメラネシア以西と以東では、モンゴロイドの流れを軸に言い換えるならばメラネシア以前と以後ではトライバルタトゥーのデザインの性格に大きな変化が認められるという個人的見解のためです。北方アジアから南下し島から島へと海を渡って来たタトゥーは、この地でいったい何と出会い、混血し、大きな変容を遂げるに至ったのか。ポリネシアの豊饒を理解するための重要な鍵の一つがここにあるように思えます。

バラエティーに富むメラネシアのアート。その中でもとくにオセアニア芸術最高の宝庫とたたえられるパプアニューギニア、セピック川流域の工芸に共通する圧倒的なまでの迫力に、僕は「太古の律動」みたいなものを感じています。

引用
著書:「traibal tattoo designs from the americas 」出版:mundurucu publishers
著書:「traibal tattoo design」出版:the pepin press
著書: 吉岡郁夫「いれずみ(文身)の人類学」出版:雄山閣

参考文献
著書:「THE WORLD OF TATTOO」Maaten Hesselt van Dinter著 KIT PUBLISHER
著書:「世界民族モノ図鑑」明石書店
著書:「EXPEDITION NAGA」 著者:peter van ham&jamie saul 出版:antique collectors, club
著書:「MAU MOKO The World of Maori Tattoo」Ngahuia Te Awekotuku with Linda Waimarie Nicora
著書:「縄文人の入墨」高山純, 講談社
著書:「TATTOO an anthropology」MAKIKO KUWAHARA, BERG
著書:「GRAFISMO INDIGENA」LUX VIDAL, Studio Nobel

タトゥーについて トライバルタトゥー復興プロジェクト
タトゥー除去とカバーアッ
プ FAQ instagram facebook Blog 日本伝統刺青「新宿 初代 彫あい」