トライバルタトゥーTribal Tattoo アポカリフト

タトゥーについて

タトゥーマシンによるタトゥー除去法とデザインによるカバーアップ

Tattoo removal&cover up

タトゥー除去&カバーアップ

当スタジオ独自の、タトゥーマシンによるタトゥー除去法と、無理のないデザインによるカバーアップとを組み合わせた新たなる修整方法の提言です。

ポリネシアントライバルタトゥーを肩から五分でご希望のクライアント。背中上部にある古いタトゥーの三角パターンが不自然な形になっていたので、余分な箇所を消して、すっきりとパターンが繋がるように修正しました。消しの作業は1回のみです。

腕にマルケサストライバルタトゥーをご希望のクライアント。古いタトゥーのライン部分を中心に2回消しの作業を行いました。消した部分の赤みは3ヶ月もたてば自然に治まるでしょう。

肩甲骨上のドクロの手の部分が、新しく彫るデザインとぶつかるので消しました。最初の画像は消し1回目でカサブタになっている状態で、次は3回消して他の部分の塗りが終わった状態です。

肩の大きな梵字タトゥーを時間をかけて消して、まったく新しいトライバルタトゥーに置き換えました。消しの作業はトータルで4回です。古いタトゥーが相当に深く彫られていたため回数がかかりました。

タトゥーについて トライバルタトゥー復興プロジェクト
タトゥー除去とカバーアップ FAQ instagram facebook Blog 日本伝統刺青「新宿 初代 彫あい」