トライバルタトゥーTribal Tattoo アポカリフト

タトゥーについて

トライバルタトゥーの歴史、デザインについて

Maya

マヤ

  • マヤタトゥー1 マヤタトゥー2 マヤタトゥー3
  • マヤタトゥー4 マヤタトゥー5 マヤタトゥー6
  • マヤタトゥー7 マヤタトゥー8 マヤタトゥー9
  • マヤタトゥー10 マヤタトゥー11

スペイン人が入植して来る以前の中南米のデザインには素朴でいてどこか陽気で、開放感にあふれたものが多い。ティカルでは生け贄の心臓を神に捧げる儀式が行われていたことがよく知られていますが、これはタトゥーやピアスの精神的原理を宇宙原理に拡張したものではないでしょうか?

紀元前400年頃に巨大文明を築き上げたマヤ(maya)族や、その後に成立し、スペイン人達の入植まで繁栄していたアステカ(aztec)族などに代表される中米地域の諸部族、そしてきらびやかな黄金の装飾品で知られるインカ(inka)族などの南米諸部族は、複雑な象形文字、正確な天文知識、高度の石造建築理論などを独自に持っていましたが、それらの体系はすべて彼等の神々に捧げられているといってもいいでしょう。

各地のトライバルアートもそのモチーフの多くは神との関係性を強くもっています。長らく謎に包まれていたそれらの文化も近年になり遺跡調査や文字の解読が進むにしたがってしだいにその豊かな内容が明らかになってきています。

血による購いというピアスやタトゥーなどに内在する精神原理もその一つです。そのような彼等のタトゥー文化がどのようなものであったのかを、正確に知るには今後の研究の進展を待つしかありませんが、世界中のトライバルタトゥーのデザインがそれぞれの部族の工芸美術とほとんどイコールの関係にあることから考えると、やはり現在まで残った石、木、布などの工芸品に施されたデザインには当然注目したいところです。

引用
著書:「traibal tattoo designs from the americas 」出版:mundurucu publishers
著書:「traibal tattoo design」出版:the pepin press
著書: 吉岡郁夫「いれずみ(文身)の人類学」出版:雄山閣

参考文献
著書:「THE WORLD OF TATTOO」Maaten Hesselt van Dinter著 KIT PUBLISHER
著書:「世界民族モノ図鑑」明石書店
著書:「EXPEDITION NAGA」 著者:peter van ham&jamie saul 出版:antique collectors, club
著書:「MAU MOKO The World of Maori Tattoo」Ngahuia Te Awekotuku with Linda Waimarie Nicora
著書:「縄文人の入墨」高山純, 講談社
著書:「TATTOO an anthropology」MAKIKO KUWAHARA, BERG
著書:「GRAFISMO INDIGENA」LUX VIDAL, Studio Nobel

タトゥーについて トライバルタトゥー復興プロジェクト
タトゥー除去とカバーアッ
プ FAQ instagram facebook Blog 日本伝統刺青「新宿 初代 彫あい」